流れが悪い時はヘタに動くな


投資もゴルフも流れが悪い時は、ヘタに動かないことが大事です。

投資にはトレンドがあります。

上昇トレンドと下降トレンドです。

他はレンジ相場と言われ、一定の上下を繰り返します。

トレンドに乗れると、稼ぎやすいのは事実です。

レンジ相場も値動きの範囲が決まっているので、比較的稼ぎやすいです。

流れが悪くなるのは、トレンドと逆のポジションを取った時です。

例えば、「上がる!」と思って、株式や通貨を買っても、

下降トレンドに入ってしまうと、ズルズルと損失が膨らむだけです。

また、「ここが底値だ!」と買ったら、さらに下がるのはよくありますよね。

逆に直ぐに損切りしたとたん、反転して急上昇、

「ここが高値だ」と思って売ったら、さらに高値更新するなんてことも。

要するに、投資の相場は、投資家の予想通りには動いてくれないということです。

どちらかと言うと、予想の逆に動くほうが多いかもw

これは個人投資家もプロの投資家も同じ。

「どうも流れが悪いなー」と感じることは、投資家なら誰でもあることです。

そんな時は、ヘタに動かないことです。

できればポジションを持たないのが一番。

安値で叩き売らない、売りを焦らないなど。

ゴルフでも同じです。

1日のプレー中には、どうしても好不調の波があります。

好調の時は、何をしても結果オーライですよね。

ベタピンのショットが打てたり、グリーン周りからチップインバーディーなんてことも。

逆に不調の時は、どんなに慎重にプレーしても、悪い方に行きます。

今日一番のティーショットが、行ってみるとディボットに入ってたり。

流れが悪いと感じたら、無理をせず、やり過ごすことです。

フェアウエーを外しラフや林に入ったら、
行けそうでもあえてグリーンを狙わず、とりあえずフェアウエーに戻すことに専念するとか。

バンカーに入ったら、出すことだけに集中する、

パッティングは入れるというより、距離と方向だけを考えるとか。

入ればラッキー、易しいラインに残れば十分。

そして流れが良くなったら、また攻めれば良いのです。