投資もゴルフもリスクとリターンは比例する


投資もゴルフもリスクとリターンは比例関係にあります。

リスクが大きいほど、リターンも大きくなります。

経済学でのリスクとは変動のことですが、

今回はリスク(危険)と言う意味で、投資資金のことだとします。

投資では資金が大きくなるほど、リターン(利益、儲け)も、比例して大きくなります。

投資の結果は、簡単な算数なので、実際にその通りになるのです。

例えば株式投資で、1株から100円の利益が出たとします。

もし100株買っていれば、1万円儲かるし、
1,000株なら10万円、1万株ならなんと100万円儲かることになります。

単純に、投資した金額に比例して、利益も大きくなるわけです。

FXでも同じで、もし100pipsの利益が出たなら、

1,000ドル買っていれば1,000円の儲けですが、
1万ドルなら1万円、10万ドルなら10万円儲かることになります。

100万ドルなら、為替相場がたった1円(100pips)変動しただけで、
100万円も利益が出るチャンスがあるわけです。

もちろん、マイナスになる場合も比例しますがw

ビジネスの場合は、必ずしも投入した資金と利益が比例するわけではありませんよね。

経営者の手腕や、アイデア、人脈、運など、いろんな要素が影響しますから。

ビジネスではちょっとしかお金を使わなくても、大きく儲かったり、
逆に大金を投入しても赤字で撤退ということもあり得ます。

計算通りにいかないものですよね。

投資の場合は、数字が同じなら、誰がやっても同じ結果になるのが面白いところです。

ゴルフも同じです。

ゴルフのリスクとは、バンカーや池などのハザードだとします。

それとグリーンの傾斜のきつさ。

グリーン上のピンポジションは、大体難しい位置に切られています。

ゴルフは難しいところにこそチャンスがあります。

そのほうがゲームが面白いからです。

グリーンセンターで、しかも平らなところなら、バーディーがいくつも取れるかも知れません。

最初は楽しいでしょうが、誰でもバーディーをとれると、つまらなくなります。

プロゴルファーのトーナメントでも、難しい位置にピンポジションがあります。

池やクリークのすぐ近くにピンがあっても、

リスクを恐れず、果敢に攻めていったゴルファーには、

バーディーやイーグルといったリターンが得られるチャンスが来るのです。

ホールインワンやアルバトロスだって、攻めなければ得られません。

ピンに近いほど、カップインする確率は高くなりますからね。

このように投資もゴルフもリスクとリターンは比例するのです。