投資もゴルフも損切りが大事


投資もゴルフも損切りが大事です。

投資では、損切りが大事だと言われています。

一度の大きな負けで、市場から撤退してしまう最悪を避けるには、
損切りこそが最も重要だからです。

投資上級者ほど、損切りの重要性を説きますよね。

投資関連の書籍にも、必ず損切りのことが書かれているほどです。

投資初心者に必ず学んで欲しいことが損切りなのです。

実際には投資手法にもよるのですが。

投資家は予想が外れたら、素直に負けを認めて、割り切ることが必要です。

数%の損失なら、取り返すチャンスは、これから何度もあるはずです。

市場は明日以降もずっと続くのですから。

ゴルフでも同じです。

ゴルフでミスショットをして、トラブルになったら、

無理にグリーン方向を狙わずに、フェアウエーに戻すことに専念したほうが、
結果が良いことが多いです。

パーは諦め、ボギー覚悟で、1打を損切りするわけです。

時にはダブルボギーで良しとすることもあります。

フェアウエーに戻せれば、何とかなります。

無理をしてトリプルボギー以上、またはダブルスコアになると、
もう取り返すのは至難の業です。

我慢してボギーで抑えれば、残りのホールで十分挽回できる可能性が残ります。

たった1個のバーディーでチャラになりますからw

しかしトリプルボギーとなると、バーディーが3個も必要になります。

プロゴルファーなら可能かも知れませんが、

アマチュアゴルファーが1ラウンドで3バーディーは、かなり難しいです。

だからゴルフでも、時には割り切って、損切りが必要なのです。