投資もゴルフも、心が強い人が勝つ


投資もゴルフも、結局最後は心が強い人が勝ちます。

もちろん技術、テクニック、戦略など、
勝つために必要な要素はいろいろあります。

でも一番大事なのは、心の強さというか、気持ちなんです。

投資もゴルフも、決断の連続です。

そして行動には勇気が必要です。

例えば、投資は売買どちらかのポジションから入り、
決済(反対売買)して終わります。

投資は命の次に大事と言われるお金を失うリスクがあります。

一生懸命働いて稼いだお金を、一瞬で失うのは、誰でも嫌です。

ただし経済で言うリスクとは変動のことです。

つまりお金が増減するわけです。

プラスへの変動なら嬉しいのですが、
マイナスへの変動は、その数倍は心理的ダメージが大きく感じます。

だから投資であるポジションを取るには、相当な勇気が要ります。

それも投資資金が増えるほど、勇気が必要です。

FXで成功した有名な投資家も、
「気持ちが強い人が勝つ」とはっきり言っています。

「自分は勝てる!」と強く思った人が勝つんだと。

ゴルフでも全く同じことが言えます。

トップアマやプロゴルファーになると、
同じ試合に出れるレベルで、しかも優勝争いしているくらいなら、
もう技術差はほとんどありません。

やはり最後は「絶対勝つ!」と思っている、
自分を信じ切っている選手が勝つんです。

ゴルフの試合に負けたからと言って、命を失うわけではありません。

しかしプロゴルファーなら賞金がかかっています。

震える、手が動かなくなるほど緊張する選手もいます。

アマチュアゴルファーだって、ベストスコアが出そうな場面、

コンペで優勝しそうな場面では、緊張します。

克服する、乗り越えるには、強い精神力が必要です。

投資もゴルフもプレッシャーとの闘いという面では同じです。

そして時には、リスクを取る勇気も必要です。

だから投資とゴルフは同じ、共通点が多いのです。