投資もゴルフもプロになるのは簡単


投資もゴルフもプロフェッショナルになるのは、意外と簡単です。

なぜならどちらも職業として行うには、資格は必要ないからです。

プロフェッショナルとは、何かを本職として行い、生計をてている人のことです。

素人(しろうと)に対して、玄人(くろうと)とも言います。

投資でプロと言えば、
銀行や証券会社のディラー、機関投資家、ファンドマネージャーなどを想像すると思います。

プロの投資家は、お金を運用して稼ぎ、それで生計を立てているわけですから、
確かにプロフェッショナルではあります。

あるいは個人投資家でも、専業として行っていれば、プロと言えます。

そんなプロの投資家達ですが、資格は要りません。

金融に関わる何か民間の資格はあるでしょうが、必須というわけではありません。

持っていた方が、就職や転職に有利かなーというくらいでしょうw

もちろん、入社試験や、部署への配属などの壁を乗り越えないと、
会社で巨額の資金を動かすことはできませんが。

少なくとも、個人でプロの投資家になることは、誰でもできます。

ゴルフも同じです。

実はゴルフを職業とすることは、誰でもできるのです。

しかし、ゴルフの職業といってもいろいろいます。

ゴルフトーナメントに出場できるトーナメントプロ(ツアープロ)、
しかも賞金を稼げるようなトッププロはごくわずかです。

トーナメントプロになるには、JPGA(日本プロゴルフ協会)のプロテストに合格するか、
JGTO(日本ゴルフツアー機構)の条件をクリアしないといけません。

また、レッスンプロ(ティーチングプロ)も、
認定プロを名乗る場合は、日本プロゴルフ協会の資格が必要です。

でもそれ以外でゴルフを職業にすることは、自由なんです。

あまり知られていませんが。

一口にプロといっても、いろんな人がいるわけです。

職業にすることは、誰でもできます。