投資もゴルフも男性ホルモンが出る


投資で重要な決断をする時には、男性ホルモンが出るようです。

これは男性ホルモンの専門家が、ゴルフ雑誌の記事で言っていたことですが、

株式投資で売買の時など、「興奮するようなジャッジを下した瞬間」や、

「勝負に勝った時」には、男性ホルモンがドバッーと分泌されるとのことでした。

「決断と勝利」、投資はもちろん、まさにゴルフにも共通して言えることですよね。

そこでちょっと男性ホルモンの役割を調べてみました。

男性ホルモンには、いろいろ種類があります。

その中で代表的なものが、テストステロンです。

男性の場合は、テストステロンが男性ホルモンのほとんどを占めています。

そして男性ホルモンには、多くの作用、効果があります。

骨や筋肉の成長、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、メタボの予防、
さらには脳の働きにまで影響するのでうつ予防にもなります。

体を若く保つには、男性ホルモンが欠かせないのです。

また男性ホルモンの分泌は加齢とともに減少すると言われ、男性更年期の原因とされています。

だから投資やゴルフで男性ホルモンが分泌できれば、健康にも役立つはずです。

投資で「今、買いだ!」、「ここで売る!」などの思い切った決断をする時には、

確かにドキドキというか、ワクワクしますよね。

そして予想通りに相場が動き、利益を確定した瞬間は、本当に嬉しいものです。

まさにこの瞬間に、体内では男性ホルモンが分泌されていたなんて。

お金が儲かって、健康にも良いのですから、投資はまさに一石二鳥ですw

ゴルフでも、コース戦略を立て、目標に向かってどんな球を打つか決断し、実際にショットする時など、何度も決断の連続です。

上手くグリーンまでボールを運び、あわよくばイーグル狙い、

バーディーパットを決めた瞬間なんかは、それはもう嬉しいものです。

この瞬間にも男性ホルモンがドバドバ出ているわけです。

それにゴルフは適度な運動なので、相乗効果で健康に良さそうですしね。

勝っている投資家や、ゴルファーに元気な人が多いのも納得できますよね。

幸福感、やる気に関係するドーパミンという脳内物質の分泌にも、男性ホルモンが関係していると言われています。

投資が好きで、ゴルフが趣味なら、健康的には素晴らしい組み合わせですね。