投資もゴルフも練習では上手く行くが


投資もゴルフも、練習では上手く行くものです。

しかし本番では実力が出せず、上手く行かない人のほうが多いw

それは何故なのか?

単純なことで、本番と練習では条件が違うからです。

そして心理状況も違います。

投資では証券会社が「デモ口座」を用意していることがあります。

投資家は、このデモ口座の仮想資金を使って、投資の練習ができます。

実際の売買と同じツールで、機能を試せるのがメリットです。

証券会社としては、口座開設のキッカケになることを期待しているわけです。

デモ口座はとても便利なのですが、投資初心者が陥りがちなことがあります。

それは本番とはかけ離れた取引をしてしまうことです。

例えばデモ口座では、仮想資金が100万円~500万円ということが多いです。

またFXなどでは、高レバレッジで取引してしまいます。

しかも仮想資金なので、お金を失う不安が無いのです。

となると、思い切った取引ができるので、大きく稼げるわけです。

でも投資初心者が、本番でいきなり資金を数百万円もつぎ込むことはありませんよね。

慎重な人は、低レバレッジから始めるはず。

それに本番では、本当にお金が増減するので、「損失回避」の行動を取ります。

結果、儲かっている時は焦って小さく利食いし、
損している時は、損切りできずに、損失が大きくなります。

つまり、利小損大になるわけです。

これでは負けて当然です。

だからたとえ仮想口座でも、本番と同じ条件で行わないと、
本当の意味での練習にはならないわけです。

投資が上手い人は、仮想口座を本番と同じような条件で使い、
投資手法をテストすることに使っています。

ゴルフでも同じです。

ゴルフ練習場では素晴らしいショットを連発している人が、
なぜかゴルフ場ではミスショットばかり。

これも練習と本番では、条件が違う、心理状況が違うからです。

ゴルフ練習場のマットはきれいで足場が平らだし、
多少のミスショットは隠れてしまいます。

それに練習では緊張感というか、プレッシャーが全くありません。

隣の打席の人に見られていることくらいかなw

だからその人なりのベストなショットが打てるわけです。

ところが実際のコースとなると、
平らなところなんて無いし、ハザードもあります。

強風や雨など自然の影響も。

さらに同伴競技者に見られているプレッシャーや、
スコアへの期待もあります。

こうなると、平常心でプレーすることのほうが難しいわけです。

だからゴルフ練習場でも、ただボールを打てばよいというわけではなく、

本番につながるような、考えた練習が必要なのです。

本番で使うような番手順でクラブを打ってみるとか。

狙う方向を、その都度変えてみるのも効果的です。

あとはつま先上がりや、つま先下がりのライを想定した練習もしたいですね。

つまり投資やゴルフは、本番を想定した練習のほうが効果が出るのです。