流れに乗る、流れを作る


投資もゴルフも、流れに乗るだけでよい時と、
自ら流れを作る必要がある時があります。

例えば投資では、流れに乗るだけでよい時と言うのは、トレンドが発生している状態です。

上手くトレンドに乗ることができれば、初心者でも簡単に稼げます。

上昇トレンド、下降トレンドさえ見極めれば、どちらでもかまいません。

投資のポジションは、売りで入っても、買いで入っても稼げますから。

あとは出口となる決済する価格を決めるだけです。

レンジ相場も値動きの範囲を見極めれば、稼ぎやすい相場です。

安く買って高く売る、逆に高く売って安く買い戻す、これの繰り返しです。

シンプルですよね。

流れに乗るだけでよい時というのは、難しくありません。

自ら流れを作る必要がある時と言うのは、
あえて普段とは違うルールで何かをする場合です。

わざとナンピン買いしてみたり、

かなり上昇した値で、さらに買い足してみたり。

いつもの倍投資してみたりとか。

過ぎてみないと、良かったのかはわかりませんがw

ゴルフも同じです。

調子が良く、流れに乗るだけで、

連続バーディーが出たり、ベストスコアが出ることがありますよね。

またプロゴルファーの試合では、
「あの一打が命運を分けた」という節目みたいなショットがあります。

アマチュアゴルファーでもあるはず。

実際には同じ一打なんですけどねw

安全策で行くならフェアウエーをキープする状況ですが、
ショートカットすると、バーディーの確率がグンと高くなるような場面とか。

Par5の2打目がギリギリ届くかという距離で、さらに手前は池。
それでもあえてツーオン(Two on)を狙ってみる。

または厳しいピンポジションなのに、ピンデッドに狙う。

曲がるパッティングのラインを、わざと強めにストレートで打つとか。

優勝やベストスコアに影響する一打。

そんな時は、自ら流れを作る必要がある場面なのです。