投資もゴルフもルーティンが大事


ルーティンとは、簡単に説明すると、「成功するための準備」のことです。

スポーツのプレーではもちろん、必要なのは投資でも同じなんです。

スポーツ界では、もはや常識となっているルーティン。

ゴルフでは、プロゴルファーがショットの前に行うシーンがおなじみですよね。

軽く素振りをして、目標を決め、アドレスして・・・というような決まった手順。

他のスポーツでもルーティンが注目されています。

2015年はラグビー日本代表、五郎丸歩選手のルーティンが話題となりました。

プレースキックの前の五郎丸ポーズが、日本中でブームでしたw

小さな子供から大人まで、多くの人が真似していましたね。

2016年は、大相撲で日本出身力士として10年ぶりの優勝をした大関・琴奨菊が、
取組直前に上体を大きく反らし、大量の塩を左手でまくルーティンが注目されました。

なんでも「琴バウアー」と言うらしいです。

それだけでなく、優勝インタビューで琴奨菊関は、
「朝からルーティンをしている」と笑いをとっていました。

冗談ではなく、それくらいルーティンは、結果を出すためには重要な事なのです。

では投資でのルーティンはどうでしょうか。

成功している、結果を出している投資家というのは、

実際に投資するまでに、自分なりのルーティンがあるものです。

例えば、株式投資では、銘柄のスクリーニングもルーティンにあたるでしょうね。

ニュースをチェックし、日経平均や先物など、市場の大きな流れを掴み、

それから個別株のファンダメンタルズ分析や、テクニカル分析などを行います。

そして得意なチャートの形になっているか確認するなど、

投資家ごとに何らかのこだわりがあるはずです。

このように、投資するまでには、一連の手順があり、
「今だ!」と思った時に、投資するわけです。

また、24時間取引できるFXでも、時間を決めて投資したほうが、
結果が良くなると言われています。

投資家それぞれに、得意な時間帯があるものです。

1日の中には、相場が動きやすい時間帯があります。

これは株式市場も同じ。

むやみに投資せずに、
チャートの形と時間帯を決めることで、勝率を挙げているのです。

以上が投資でのルーティンと言えるでしょう。