投資もゴルフも定石を学ぶと強くなる


投資もゴルフも定石を学ぶと強くなります。

定石とは、囲碁や将棋で、最善とされる方法のことです。

ここから物事を処理する時の最善の方法や手順、仕方のことも指すようになりました。

定石は昔から研究されてきたもので、長い歴史があります。

長年、その効果が実証されてきたからこそ、今に残っているとも言えます。

現在の囲碁や将棋は、定石の上に築かれ、さらに発展しています。

投資にも定石があります。

もちろん将来を予想するのは困難ですが、
「こういう場面では、こうなりやすい」というような傾向はあります。

例えば、テクニカル分析です。

多くの投資家は、チャートを見て判断します。

だから実際にそう動きやすいのです。

ローソク足で売買のタイミングを掴む。
買いサイン、売りサイン、上下の壁と厚さ、Wボトムなど。

移動平均線でトレンドを読む。
上昇トレンド、下降トレンドなど。

ボリンジャーバンドでばらつきを読む。

RSIで買われ過ぎ、売られ過ぎを読む。

そして、複数のチャートを組み合わせる。

これら基本的な定石は、ぜひ押さえておきたいポイントです。

ゴルフにも定石があります。

有名なのは、グリーンは花道から攻めろとか、

パッティングラインは、上りを残せとかですよね。

短くても下りのラインよりは、長くても上りのほうが良い。

できるだけストレートに近いラインを残す。

ハザードに届かない番手で打つ。

飛距離よりも方向性。

つま先上がりではフック、つま先下がりではスライスが出やすい。

アプローチショットは、転がした方がピンに寄る。

ヘッドスピードの速い人は、ラフからフライヤーに注意など。

他にもいくらでも出てきますねw

これらゴルフの定石を知っているのと知らないのでは、

結果に差が出ますから、当然スコアにも影響します。

だから投資もゴルフも、定石を知っている、学ぶほど強くなるのです。