投資もゴルフも決断は自分だけでする


投資もゴルフも、大事な場面での決断は、自分一人だけでするほうが、結果が良いことが多いです。

「決断は自分だけでする。」これが大事です。

どうしても相談したい時は、鏡の中の自分にするのです。

実は投資では、どんなに優秀な人たちが集まって相談しても、
最善の結果になることはありません。

どちらかと言うと、ありきたりの意見で、つまらないものになるだけです。

例えば、テレビの経済ニュースでのことです。

ある投資会社で、朝のミーティングをしているシーンがありました。

会社役員や優秀なファンドマネジャー達が、
今日の相場の予想をしていたのですが・・・

素人でも言えそうな意見、予測ばかりなのですw

それに反対の意見がまったく出てこない。

多分、逆の予想を言いたくても、同僚の目が気になるのでしょうね。

「もし予想が外れたら?」と必要以上に慎重になるのかも知れません。

責任を取りたくないし、社内での立場もあるのでしょう。

会議では場の空気があるので、思い切った意見が言えないものです。

普通は偉い人に同調した意見しか出てきませんよね。

だから大勢で相談して決めると、思い切った決断が出来ないのです。

投資だけでなく、ビジネスの世界でも似たような現象が起こります。

大勢での企画会議なんか無駄ですw

少数精鋭、または一人で考えたアイデアのほうが斬新なことが多いはず。

自分で決断したほうが良いのは、ゴルフでも同じです。

ゴルフのルールでは、唯一キャディーさんだけには、アドバイス(助言)を求めることができます。

同伴競技者にアドバイスを求めるのは、ゴルフルールに違反します。

優秀なキャディーさんの意見は、とても参考になります。

ティーショットでの狙いどころなどのコース戦略や、
クラブの番手、風向き、グリーン上でのラインなど、いろいろ教えてくれます。

知っているのと知らないのとでは、スコアに直接影響する情報ばかりです。

キャディーさんは、ゴルファーの唯一の味方です。

ただし、最後はやはり、ゴルファーが自分自身で決断する必要があります。

風やライン読みなど、キャディーさんと意見が違った時に、
疑心暗鬼のままでプレーすると、ショットが乱れます。

当然、良い結果にはならないのです。

自分の読みを信じて打つ方が、ナイスショットできる確率が高いはず。

だから投資もゴルフも、最後は自分自身で決断することが重要です。